あさよろず家族葬儀

家族葬のことならあさよろずにお任せ下さい。

最近は家族葬を選ぶ家庭が増えてきた

家族葬というスタイル

1990年代を境目として、近年では低価格で高品質な家族葬が増えてきました。
これは近親者のみで行う葬儀の事で、ごく身近な友人や知人も参列し火葬場まで一緒に行くと言うスタイルになり、弔問など儀礼的なことは受けないと言うものです。
この家族葬にはメリットもデメリットもありますが、最近はこの家族葬が選ばれるようになった背景には、景気的な側面もありますが対人関係の過疎化なども関係しているようです。
つまり参列者への気遣いや、その対応に追われて故人との別れをきちんとすることが出来ないと言う理由や、故人に友人や知人が少ない場合、また故人の遺言などでこじんまりと葬儀をして欲しいなどと言った場合も多くあるようです。
そして何より少人数のお葬式の場合は、料理や返礼品などの費用が軽減できるだけでなく葬儀にかかる費用自体に大きく影響するので経済的と言う理由も大きいと言えます。

家族葬はあくまでも都会の人間関係が前提になっている

ただデメリットもあり、それは特に田舎などの場合、近所とのお付き合いの関係や親せきなどからの反対であったり、世間体的な部分でスムーズにいかないケースが多くあります。
それ以外に、後日に弔問客の対応があったりなど、そのような対応に追われてしまう場合もあります。
ここ最近では都会に住む方にはデメリット的な要素は少なくなってきたと言えますが、まだまだ地方に住む方にとっては一般的とは言えないようです。

田舎でもじょじょに広がる兆しがあります

しかしながら、時代はどんどん変わってきていますので、世間体的な部分よりも、身内だけで気遣いなどなく故人とゆっくり最後の時間を過ごしたいと言う考えが徐々に広がりつつあります。
また故人も生前に経済的なことなどを考慮し、「豪華な葬儀は避けて欲しい」そのような言葉を残していることも多いようです。
これからは葬儀のあり方も時代と共に変化をしていくことでしょう。

あさよろず家族葬儀新着記事一覧